クロスはシンプルイズベスト

実際にクロスを選ぼうと思って、カタログを山ほどの種類があり、選ぼうと思っても、なかなか選べません。選ぶ根拠となると、実家、知り合いの家、モデルハウス、飲食店、公共施設など実際のイメージで選んでしまいがちになります。

クロスの張替えは滅多にしないものであり、部屋の印象がクロスでガラリと変わってしまうので、慎重に判断したいところですが、ハウスメーカーや内装屋からは急かされて、こんなイメージじゃなかったと後悔する人が少なくありません。

選ぶ基準としては、剥がれ、縮み、しわ、断裂などが少なく、また、変色しにくく、カビにも強く、それでいて飽きが来ないクロスが最適です。

特に変色は生活している限り避けられない物理現象ですが、白色系であれば変色は目立ちません。また、エンボス加工がしてあると、縮みやしわが目立たず、画鋲穴も見えにくくなるのでお奨めです。

一番の大敵はカビです。24時間換気システムが義務化とはなりましたが、どうしても北側や浴室、キッチン周りのクロスにはカビが生えやすく、一度菌糸が育つとカビ汚れを取り除くことは、困難になるので、多少高くとも抗菌仕様のクロスが最適です。

そして、クロスで後悔するのは、奇をてらった奇抜なデザインや色を選んでしまった場合です。何年も暮らしているうちに、どうにも合わなくていらいらしてしまい、後悔してしまうことが多いからです。

クロスは、定番の白色系でエンボス加工仕様と防カビ仕様を選ぶのが、失敗のない確実な選び方です。

我が家は築40年の一軒家を借りたのですが、生活するにも人を呼ぶにも、オールドな感じは活かしながら綺麗に見せたいなと思った時に、そこまで予算もないので業者さんをいれてリフォームするわけにもいかず、それなら自分でやってみようということでDIYに興味を持ちました。

自分の周りに、そういったことに詳しい人が多いのも理由の1つかもしれません。

まずはクロスではなくジプトーン天井を水性ペンキで塗りました。調べてみると下地剤がなくても綺麗に塗れそうだったので、クロスより簡単かと思ってそのまま直接塗りました。

順序としては、まずマスキングテープでマスキングをし、その上からマスカーで覆いました。そうすることで、よりペンキの漏れを防止することができるだけでなく養生テープによって壁が傷むこと、ペンキが剥がれることを防げます。

その次に、長い柄をつけたローラーをパレットのペンキに十分につけ塗っていきました。

まずはネットで調べてみてください。
私の場合はそれだけだと不安すぎるくらい初心者だったので本も買いました。
あとは、周りの人に聞いて、出来なさそうなところは頼ってしまうのが一番です。

生命保険の選び方|全身脱毛どこがいい|工務店向け集客ノウハウ|FXシストレ比較|英語上達の秘訣|内職 アルバイト|生命保険の口コミ.COM|超SEO対策|英語上達の秘訣|住宅リフォーム総合情報|相互リンク募集サイト|ページランク別相互リンク集|女性向けエステ.com|マッサージのリアル口コミ.com|驚愕頭部|